FC2ブログ
2007/09/23 (Sun) 『ART-SCHOOL/左ききのキキ』('07)

左ききのキキ 左ききのキキ
ART-SCHOOL (2007/09/19)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

再びセルフプロデュースに戻ってのミニアルバム。
別にそれほど大きな変化が見られる訳でもないのに、不思議に新鮮な感覚がある作品。…何て言うか、『Flora』で築いたブルーで柔らかな雰囲気は残しながらも、第二期が始まった頃のエッジを取り戻した音、って言うか。

それほど大きな変化が見られる訳ではないと言いつつ、音楽的な新しい試みは結構垣間見られる。特に5曲目“real love/slow dawn”などは、これまでのアートにはなかったハイテンポなファンキーロック。今度一緒にツアーを回るOGRE YOU ASSHOLEなんかをホーフツする。右と左のギターアンサンブルが面白く、特にtoddy氏のギターのバーストぶりがかなり良い感じ。アートスクール、案外演奏上手かったのね…(どんだけ下手だと思ってたんだ:笑)。かなりカタルシスを感じる一曲。

…その他の曲は。
1曲目“SHEILA”。前のめりドラムの焦燥感に満ちた演奏と、大らかなメロディの妙。
2曲目“左ききのキキ”。ビデオクリップにはまんまと笑わせられた(笑)。正直、最初聴いた時は「いくら何でもアート節すぎないか…?」という感じで、そんなでもなかったんだけど、何回か聴く内に、やっぱりつくづくアート節は自分のツボなんだと思った(苦笑)。
3曲目“Ghost of a beautiful view”。シューゲイズ系のうっすらと広がる音の壁の上を、走馬灯の様に浮かんでは消える記憶たち。タイトルが良いですね。かのクレプスキュールの名コンピ『GHOST OF CHRISTMAS PAST』とか(…ストレイテナーもこのタイトルを引用していたっけ)、トレンブリング・ブルー・スターズっていう、ex.フィールド・マイスの人のバンドにも“GHOST OF AN UNKISSED KISS”というイノセントな名曲があったり、「GHOST OFホニャララ」というタイトルって雰囲気があって好き。…あと、この曲始まり方がトートツだ(笑)。
4曲目“Candles”。toddy氏の筆による、久方振りのグランジソング(…って言うかNIRVANAソング)。リフの音圧にここ数年でのバンドの成長を感じます。
6曲目“雨の日の為に”。“ロリータ キルズ ミー”のライブイントロ部分をホーフツとするアルペジオ。平坦なメロディが寧ろ何とも言えない不穏さと聖なる雰囲気を生み出しています。5曲目までの紆余曲折の果てに、最後、教会に辿り着いたようなイメージ。2分という小粒さでありながら、作品を締め括るのに相応しいピリリと山椒のきいた曲。“それは愛じゃない”と同じメロディのギターソロにもグッとくる。

…雰囲気的に統一感があるし本当に好きな作品ではあるのだけど、ただ言葉の部分に関して言うと、使い慣れた言葉を使い慣れた方法で用いている様な印象が拭えないかなあ…。女性名は「SHEILA」「キキ」とまた増えたけど(笑)。
“without you/ねえ ただ 愛されたいなんて/without you/どの口が 今ほざいたんだろう”(“real love/slow dawn”)
っていうフレーズとか普通にかなり好きなんだけどさ。
スポンサーサイト



音盤雑記(邦)2000- | trackback(1) | comment(24) | 16:06 |


<<『ELECTRIC SIX/SENOR SMOKE』('05) | TOP | 『ZWAN/MARY STAR OF THE SEA』('03)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


こんにちわ。 

OGRE YOU ASSHOLEって今月のロッキンオン・ジャパンにその名が挙がっていたように思うのですが、たしかUSオルタナティブがどうのって…記事読むのかったるかたんで普通にとばしたんですけど、単純にhachimokuさんから見てアリな音なのですか?

2007/09/24 12:19 | Neet!Neet! [ 編集 ]


こんにちわわ。 

ハハハ。「…記事読むのかったるかたんで普通にとばしたんですけど」って良いですね。でも、ロッキング・オン・ジャパンなんかをちゃんと読まなくなると、音楽が素直に聴けるようになりますよね。…昔は僕もTOSHI、貴乃花、桜田淳子よろしく洗脳されてたもんでした…。ハハハ。

実は僕もOGRE YOU ASSHOLE、まるで知ってる訳じゃないんですが、ただ、ちょっと聴いた限りでは、かなりアリなんじゃないかと思います、このバンド。
何て言うか、ザゼンとか、アートとか、モーサムとか、ブッチャーズとか、その辺りのバンドが共通して持っている「空気」があると思うのですが、それをこのバンドも持っているような気がします。それこそオルタナティヴな空気と言うか。

チェック済みかもしれませんが一応、YouTubeのリンクを貼っておきますです。

http://jp.youtube.com/watch?v=6gOCz8xe9PU

http://jp.youtube.com/watch?v=6soqhbM-9Ss

2007/09/24 23:03 | hachimoku [ 編集 ]


 

YouTubeのリンクまで用意してもらってホントすいません。
なんかダンサブルなポストパンクにUSのインディー臭がからんでいるような感じですね。
ザゼンやモーサムとのリンクも確かに感じます。
大変参考になりました。
ありがとうございます。では失礼。

2007/09/25 12:09 | Neet!Neet! [ 編集 ]


いえいえです 

「ダンサブルなポストパンクにUSのインディー臭がからんでいるような感じ」って正にそんな感じですよね。“advantage”って曲とか、イントロギターの金属的な音色だけで、「正解!」って感じがします。

最近、洋邦ともに、良い若手バンドが本当に多いですね。流石に僕の年齢ではRADWIMPSみたいな世界観には全く共感を見出せないんですけど(笑)…いや、今10代でもRADWIMPSは共感できなかったな…。ハハハ。

2007/09/25 23:21 | hachimoku [ 編集 ]


 

RADWIMPS…なんか名前はよく聞きますね。
リア・ディゾンが愛聴してたのかな…?
僕の中での邦楽は05年に出た、柴咲コウと森高千里をコンテンポラリーなアレンジで武装させたようなトルネード竜巻というグループの2ndアルバムで止まってしまっているので、最近の(特にインディーズ系)はあまりよくわからないのですが、若者ウケするポジティブなものには昔からどうも反応できないんですよね。
ジョイディビジョンの『ディスオーダー』みたいに「もう自分を取り巻く世界のスピードについていけません!死にます!」みたいな方が素直に響いてきますね。
本当は僕みたいな人間こそもっと『モーニング娘。』みたいなポップなものを聴いて、人生観を変えなければならないのでしょうけど…
陰鬱ですいません。

2007/09/26 11:52 | Neet!Neet! [ 編集 ]


いえいえ全然陰鬱じゃないです 

「若者ウケするポジティブなものには昔からどうも反応できない」←大共感です(笑)。僕も、座右の銘がブラックフランシスの“ロックンロールなんてものは、本当はデブで間抜けな友達のいない子供に向けて提供されるべきものなんだ。”のニンゲンですから(苦笑)。
たとえ一過性の流行歌であっても、能天気な応援歌なんかを聴くと、殺意を覚えます(笑)。
…でも一方で、皮肉ではなくて、アクアタイムズとか能天気な応援歌に励まされたり、ミエミエな映画に感動したり、っていう屈託のない人に憧れるんですよね…。ヤンキーとかも楽しそうだなと思う。祭りで盛り上がったり、後先考えずに猿みたいに子供を生んで、気色の悪い名前を子供につけて、ダボダボのトレーナーでジャスコとかしまむらに行って。人生の不条理に悩み続けている事ほど燃費の悪い人生もありませんよね(苦笑)。

とにかく、ここにも確実に陰鬱な男が一人存在してますよ!!いわゆる「なまか」が(笑)。

それと、僕もジョイディヴィジョン、好きです(笑)。“ディスオーダー”のリズム隊にギターが入る瞬間の解き放たれる様なカタルシスは永遠ですよね。僕も「普通の人の喜び」に触れたいものです(苦笑)。

2007/09/26 21:17 | hachimoku [ 編集 ]


なまか… 

長いコメントのキャッチボールありがとうございます。

P.S アクアタイムズは新垣結衣のCMソングなので僕としてはアリです。
というか“新垣結衣ありき”です。
いやウソ!やっぱ“新垣結衣が”です。
あ…アクアタイムズ消えましたね(笑)

2007/09/26 21:42 | Neet!Neet! [ 編集 ]


暴投ですいません 

いえいえ無闇に長ったらしくてすんませんでした。その上、アクアタイムズを消させてしまって(笑)
新垣結衣かー。舘ひろしとやったドラマはなかなか面白かったですよね。
因みに僕は、女優系では長年麻生久美子ファンだったのですが、同棲発覚で沖縄から軽井沢くらいまで冷めちゃいました。ファン心理ってマヌケですね。ハハハ。
今日のライブビート、ベルセバですね。recしなければ。

2007/09/26 22:30 | hachimoku [ 編集 ]


またしてもすいません。 

ライブ・ビートを聴いているのですか。
NHK-FMは何気にあなどれませんよね。
僕も音楽に興味を持ったもともとのキッカケはミュージック・スクエアでしたから。
あそこでナンバガやディーパーズを知って音楽に対する価値観が一変しましたね。

にしてもライブ・ビート。
むか~しブッチャーズか何かの回を一度だけ聴いたことがありますけど、そんなベルセバなんて洋モノ勢もかかるようならまたチェックしてみたいですね。

2007/09/27 11:01 | Neet!Neet! [ 編集 ]


こちらこそまたしても暴投すいません… 

ホント、NHK-FMはあなどれませんよね。

因みに、僕もその昔毎日『ミュージック・スクエア』を聴いてたクチです!
そしてNeet!Neet!さんと同じく、ディーパーズを知ったのは『ミュージック・スクエア』です!忘れもしない99年1月の山崎洋一郎がゲスト出演したスペシャル。その時聴いた“Submerge”の衝撃は、ホント、筆舌できません。
確か、その日は他にもブッチャーズ“ファウスト”とパラダイスガラージ“仕事”とイースタンユース“青すぎる空”もかかったはず。今考えてもかなり素晴らしい選曲だ(笑)。

…って個人的な思い出話に勝手に花を咲かせてしまってすいません。
因みにナンバーガールを知ったのは、ライブビートの方です(笑)。
改めて考えるとNHK-FM様様だなー。まあ、NHKなんてさっさと名実ともに国営化しちまえば良いとも思いますが。ハハハ。

ライブビートは良いですよ~。BBCライブは月末に放送してます。最近はNHK505スタジオでの公開ライブ録音が少なくなってしまって、かなり物足りないんですけどね。

2007/09/27 18:20 | hachimoku [ 編集 ]


 

hachimokuさんはパラレルワールドにいる僕ですか?(笑)

ライブビート、参考にしときます。

2007/09/27 20:55 | Neet!Neet! [ 編集 ]


ドッペル 

ハハハ、僕はパラレルワールドにいるNeet!Neet!さんかもしれません(笑)

突然ですが、町田康の『告白』って読んだ事ありますか?もしお読みになった事がなかったら是非!主人公の熊太郎はパラレルワールドにいる僕です(笑)なのできっと…。

2007/09/27 23:24 | hachimoku [ 編集 ]


 

マチゾウさんですね。
近所の図書館にあったらチェックしときます。

2007/09/28 09:51 | Neet!Neet! [ 編集 ]


コー・マチダ 

ええ、ex町蔵です(笑)

この小説のラストシーンは言わば悲劇的なものですが(…これくらいはネタバレの域じゃないですよね)、僕は言葉じゃ言い尽くせないほど心の底から救いを覚えました。「あー、これで生きてゆける」と思った(苦笑)

…って、僕は音楽や映画や本でばかり、生きる上での影響を受けているからダメなんだろうなー。結局、机上の論理って言うか。…ハハハ。

2007/09/29 20:16 | hachimoku [ 編集 ]


ちなみに… 

私もミュージックスクエア聴いていたくちです(笑)たかちゃん時代です。そして更に、「告白」は友人の進めで読みました(笑)私もこのコメントのやりとりに参加したかったのに(radwinpsあたりで…実は好きな曲がある(照))、最近古いマックで見てるので上手く書き込めなくて。試行錯誤でした。しかし、ミュージックスクエアまで行くとは思わぬ展開でした。

2007/09/30 19:33 | sae [ 編集 ]


『告白』、素晴らしいですよね! 

僕も勿論たかちゃん時代です(笑)高校時分の96~99年辺りがジャストスクエアです(笑)
確か、プレイグスの“ヘイ・ミスター・ドリーマー”がオープニングだった頃から聴き始めたのかなあ…。あの曲カッコ良かったなー。その次辺りがシアターブルックの“ドレッドライダー”だったかしらん…。
当時はテレビも見ずに毎日必ず聴いてたので、その辺りの邦楽だけは任せて下さい!ザ・ポストメンとか(笑)

あと、RADWIMPSに対してネガティヴなもの言いをしてしまってスミマセン…。曲自体は悪いとは全く思いませんが、ああいう「クラスの人気者」的な屈託のない感じって苦手なんですよね…。
…ってどんだけ暗いんだ、自分(苦笑)

2007/09/30 21:12 | hachimoku [ 編集 ]


 

RADWIMPSとはちょっと違うけど、私も若い人が歌う前向きな応援ソングは受け付けないです。最近染みるのはフラカンですから。
プレイグスってラジオから聴くと特にかっこいいですよね!97〜99がジャストスクエアです(笑)ハガキも出してました!曲が全部流れるのも良かったですよね。ミッシェルのライブ会場限定発売の曲が流れたりして興奮したなぁ。

2007/10/01 23:25 | sae [ 編集 ]


また参加… 

僕が聴き始めた頃のスクエアはオープニングがスーパーカーの『Lucky』でしたから、やはり97年あたりからですね。
もちろん司会は たかちゃん。
なんか世界は繋がっているのですね(笑)

2007/10/02 10:46 | Neet!Neet! [ 編集 ]


 

>saeさん
へー、ハガキ職人だったんですか~。
オハガキが読まれたのなら、当時の僕はかなりの確率で、CDラジカセの前でそれを聴いていたはず!(笑)そう考えると、Neet!Neet!さんが仰る様に、世界は繋がってるんだなー、ってシミジミ感じますね…。
因みに、僕は一度だけ『NHK-FM石田小吉のミュージックパイロット』にハガキを出したのですが、書いた内容のダメダメさにすぐに後悔して、それ以来二度と送ってません…。ハハハ。

フラカンみたいな、それこそたかちゃん時代のバンドが、今も頑張っているのは嬉しいですよね。そんなに知っている訳でないですが、今のフラカンって、生き残るために苦労してきた重みが楽曲に投影されている感じで素晴らしいですね。「生きてーてー良かったー」って(笑)

2007/10/02 21:29 | hachimoku [ 編集 ]


 

>Neet!Neet!さん
そう!!スーパーカー“Lucky”は忘れられません!!本気で衝撃的だった。
ナカコーの気だるいローボイスと、フルカワミキさんのイノセントなガールボイスとの、あのデュエットは、日本ロックが生んだ奇跡的発明のひとつですよね。カラオケビデオみたいなクリップも良かった(笑)
…何て言うかスーパーカーって、青春のキラキラとした瑞々しさに満ちてるんだけど、それが全然嫌味じゃないんだよなあ…。だから当時大人ウケも良かったのかもしれませんね。ホント、スーパーカーの1stとか、今でも普通にトキメキますもん。
…因みに、一番好きなのは同率で『HIGHVISION』と『ANSWER』です。あの辺りの作品になると、もはや特別なバンドにしか到達できないような深遠な世界観を感じるんですよね…。

2007/10/02 21:30 | hachimoku [ 編集 ]


 

何か楽しいですね(笑)Lucky聴くと今でも反射的にMスクエア思い出します。フラカンの涙より早く走れも!今のフラカンもいいですよ。歌詞重たいの多いけど、ほんとのことしか言ってないって感じです。スーパーカーは1stが一番好きです。本当にキラキラしてますよね。デュエットも最高。HIGHVISIONの言葉のキレイさはたまりませんね。スーパーカーのライブも一度見てみたかったなぁ。当時ライブビートは聴きましたよ(笑)でも、まだ下手だったな…。

2007/10/03 00:25 | sae [ 編集 ]


 

みなさんの目と耳は正常のようですね…
アイドルフリークの自分は何よりもフルカワ ミキのビジュアルに殺られてました。
一発目のビデオクリップ集も買って、グラドルのイメージビデオを眺めるような感覚でニヤつきながら見てましたね…グロ!
こんな邪道すぎる社会のバクテリアは、やはりスーパーカーのピュアネスではなくココバットのマッドネスに呑まれて消えるしかないのでしょうね…
ちなみに僕のピークもsaeさん同様に1stです。
『HIGHVISION』などの『White Sulf Style 5』以降の曲はあまりチェックしていなかったのですが、映画のBGMで流れていたテクノ調のヤツも、スタイルは変われどみんな“スーパーカー印”の空気がよく表れてましたね。
あ~彼らの音楽がリアルに響いていた10年前に戻りたい…
すいません、本気モードの陰鬱で(苦笑)

2007/10/03 02:09 | Neet!Neet! [ 編集 ]


 

>saeさん
確かに、同じ時代に同じような音楽を聴いて過ごしてきたという共通項は嬉しくなりますねー。
スーパーカーのライブビート、忘れたんだよなあ…。忘れた事をいまだに覚えてます(笑)
『HIGHVISION』って独特のパラレルワールド的感覚って言うか、不思議なサイケ感がありますよね。あの感覚が聴く度シビれちゃうんですよね…。スーパーカーって、音楽性はかなり変化を遂げましたが、「純粋さ」みたいなものは不思議なくらい一切失わなかった気がします。特にナカコーの声とか、一貫して不純なものを全く感じないんですよね…。ナカコーのソロとか聴いてないんですが、聴いてみようかしらん…。歌は一切ないみたいですが…。
…フラカンの昔の曲で“あったかいコーヒー”っていう曲がなかったですか?そんな感じの曲を昔『石田小吉のミュージックパイロット』で聴いて、その曲がメチャクチャ好きで録音したカセットテープをリピートした覚えがあります(笑)

2007/10/03 21:54 | hachimoku [ 編集 ]


 

>Neet!Neet!さん
…いや、僕も似たようなものです(笑)
フルカワミキさんではありませんが、僕も当時、現・片寄明人夫人のchocolatの熱烈なファンで、CDを聴いたりchocolatが司会の音楽番組を見ては、トキメいてましたから…(苦笑)。結婚を知った時は木下理樹ばりに放心状態になって「死にたい」と思いましたよ…。ハハハ。
ココバットかー。僕はエアジャム系って、あまり知らないんですよね…。マッドカプセルマーケッツに似た感じの印象があるのですが。…でも、何となく、マッドである事はわかります(笑)
でも、中高生の時分とか、音楽に対して憧れを持って聴けた時代は良かったですね…(シミジミ)。夢はかなえるものよ、って感じで(笑)。例えば、所謂「渋谷系」音楽なんかを聴いて、自分にもそういうライフスタイルが送れるような気がしたり…。結果は憧れとは程遠い、後悔まみれの人生になってしまいましたが…。ハハハ。
…それでも、今だからこそ感じ取れるようなものも逆にある気がします。…まあ、多少でもそうでも言い聞かせて自分自身の存在を肯定しないと、本気で死ぬしかなくなってしまうから、そう言うしかないっていうのもあるんですけどね。ハハハ。

2007/10/03 21:56 | hachimoku [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://toherenevercome.blog70.fc2.com/tb.php/413-8a9c518c


ギターアンサンブルギターアンサンブルは、各種のクラシック・ギター|クラシックギターによる合奏、または合奏を行うオーケストラのこと。ギターアンサンブルは通常のオーケストラと違い、ギターのみで演奏を行う。オーケストラにヴァイオリンからコントラバスまで多様な音 //クラッシックの世界 2007/09/29 19:26

| TOP |

プロフィール

hachimoku

Author:hachimoku
(カテゴリー内“プロフィール”より)

カテゴリー

カレンダー(月別)

07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント

最近のトラックバック