FC2ブログ
2007/04/17 (Tue) 『SCOOBIE DO/トラウマティック・ガール』('07)

トラウマティック・ガール トラウマティック・ガール
スクービードゥー (2007/04/18)
CHAMP RECORDS
この商品の詳細を見る

MATSURI STUDIO録音、向井秀徳エンジニアリング&ミキシング(&共同プロデュース)によるスクービー・ドゥのミニアルバム。

いやー、最高。スピーカーの前で踊り狂っちゃいます。ドラムバカスカのリード・ドラム・ミュージック。JB・ミーツ・ゼッペリンって感じ。
それにしても、改めてつくづく向井秀徳という人の個性の凄まじさ感じますな。作詞作曲共作の“ROPPONGI”は勿論、向井氏が作曲に関わっていない他の曲も、何処となく軋轢を感じさせる音の感触とか、思いっきり向井氏の音だもん。…って言うか、そうなる事は初めから誰でも予測がつくだろうけど…。ははは。

特にお気に入りは“ROPPONGI”と“45回転の夜”。
“ROPPONGI”はディレイがかったギターのイントロからしてザゼンで笑える…。そんでもって全体的にザゼンがよぎるんだけど、ただこの、真顔がチラチラと覗く様なスウィートな雰囲気はスクービーだからこそのものだと思う。向井氏によるシンセソロも笑っちゃうくらいに肉感的で素敵。そのシンセの余韻を残したままギターソロに入るのもカッコ良い。“夢であえたらどう?”といった歌詞なんかも、バブルの匂いをプンプンさせてていて良いね~。
“45回転の夜”は最っ高のドラムミュージック。

あと下世話な雰囲気のジャケットもなかなかグー。どんなに理性で抗っても、「トラウマ」という言葉から想起してしまう「虎」と「馬」を直球的にあしらったその試みには、爽快さと同時に、何だか据わりが悪い様な背徳的な気分すら感じてしまうが、そんな矛盾の包含こそロックなのだ。…って意味不明だけど。…ははは。
スポンサーサイト



音盤雑記(邦)2000- | trackback(0) | comment(0) | 22:16 |


<<『ARCTIC MONKEYS/FAVOURITE WORST NIGHTMARE』('07) | TOP | 『三上寛・石塚俊明/紳士の憂鬱』('01)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://toherenevercome.blog70.fc2.com/tb.php/344-4e1b834d

| TOP |

プロフィール

hachimoku

Author:hachimoku
(カテゴリー内“プロフィール”より)

カテゴリー

カレンダー(月別)

07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント

最近のトラックバック