FC2ブログ
2007/03/18 (Sun) 母親の豪州旅行土産CD~JETとWOLFMOTHER

odenkun to cd
豪州旅行に行っていた母が御土産にCDを買ってきてくれた。
何でも、地元の感じの良い青年に「オーストラリアで人気のあるロックバンドを教えて頂けませんか?」と訊ねて、その青年が選んでくれたらしい。
旅行中の国際電話でその話を知ったもののバンド名は聞けなかったので、「ゴリゴリのメタルとかだったら困るなあ…」とかなり不安を覚えながらも、こういった機会も滅多にないし、結構楽しみにしていた訳です。

…そしたら、なかなかにグーな結果。

ひとつはJETの『SHINE ON』というアルバム。勿論JETは知ってるから、「おーJETだったかー」と安心。
もうひとつはWOLFMOTHERというバンドの『WOLFMOTHER』というアルバム。何でも青年は最初こちらを選んで、その後レジに行く途中に「こっちも良いんだ」とJETを手にしたらしい。「どっちの方が良いですか?」と聞いたら「うーん、選べない…」という次第で、1枚のつもりが2枚になってしまったとの事。
こちらのバンドは全く知らなくて、ジャケットのセンスに不安を覚えながらも、裏ジャケを見るとJETと同じく「D. SARDY」というプロデュースのクレジットがあったので同じ系統だと思われ、ちょっと安心。

でも、オーストラリア物価が高いのね…。1枚2500円くらいで日本盤とかと殆ど同じ値段だもん。しかもビニール包装とかもなく、新品らしいのにキズだらけ…。ケースだけじゃなくて、盤も…(何でも、盤は後ろの棚から取り出したらして、購入の際ケースに入れたんだって。ブックオフ?)。ハハハ。細かいコトにガタガタぬかしたりしない、大陸的なおおらかさなのかなー。…見習いたいと思いますです。

実際聴いてみたら、WOLFMOTHER良かったです。リフでぶっ飛ばすハードなロックンロールを基本としながら、キーボードを用いたりしてプログレ的な要素もかなり大きい。レッド・ツェッペリンとか、EL&Pなんかを思いっきりホーフツとします。でもそこは多分現代の若者だけあって、ガレージロックな粗さを感じる演奏が肝ですな。うん、良いです。

あと、JETの『SHINE ON』っていうアルバム。確かJETは2004年のフジロックでグリーンステージを横切りながらちらっと見た事があった。まあ、そんな感じで、個人的には自ら進んで聴いてはこなかったんだけど、人気があるのもすごく頷ける。メロもリフも音もボーカルも目茶目茶ポップだもん。良い意味で「大味」な感じが良いですな。ビートルズを主として、ストーンズ(67年辺り)とかの匂いをところどころ思いっきり感じさせるのも、聴いてて気持ち良いし。全編にそこはかとなくポジティヴな空気感が漂っていて、聴く側を不安にさせない音。すごく良いと思います。

豪州の青年、良いものを選んで下さりありがとうございました。見知らぬあなたの幸福を祈ります。

スポンサーサイト



音盤雑記(洋)2000- | trackback(0) | comment(0) | 17:29 |


<<『三上寛・石塚俊明/紳士の憂鬱』('01) | TOP | 『ART-SCHOOL/Flora』('07)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://toherenevercome.blog70.fc2.com/tb.php/328-5351b385

| TOP |

プロフィール

hachimoku

Author:hachimoku
(カテゴリー内“プロフィール”より)

カテゴリー

カレンダー(月別)

07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント

最近のトラックバック