FC2ブログ
2007/02/04 (Sun) 『BLOC PARTY/A WEEKEND IN THE CITY』('07)

ウィークエンド・イン・ザ・シティウィークエンド・イン・ザ・シティ
(2007/01/24)
ブロック・パーティー

商品詳細を見る

…やっぱり買ってしまった。後でDVD付きとか出されるとヤだな、とか思って、少し買うのを躊躇していたのだけど、どうしてもガマンできなかった…。でも、本っ当に聴いて良かった…。僕の人生においてもとても重要な1枚になる気がします。

よく言われる様に、この作品は1stみたいに一発でのされちゃう様な即効性のある音ではないのかもしれない。でも何て言うか、逆に言えば、1stはその音の持つ快楽性のために、こちらの捉え方として、彼らの持つシリアスさが何処か二の次になってしまうところがあった。
だけどこの作品は、彼らの持つ文学性と鳴らされる音が本当に分かち難いものとしてある。一つの世界を築き上げるために、全ての音が必然性を持って鳴っている。1曲1曲が一編の短編文学の様にとても強い力を放っていると同時に、それら1曲1曲が欠ける事のできないパズルのピースの様に一つの世界観を築き上げていて、1曲たりともとても聞き流す様な事はできない。

そして、何より素晴らしいのが歌詞。全編に渡って滅茶苦茶良いんす…。1stよりも明快な分、切実さに満ちた言葉。そしてとても切なく澄んだ美しさに満ちた言葉。アートスクールの木下氏も日記の中で“I Still Remember”の詩を取り上げて、この作品の詩の素晴らしさを言っていたけど(…って言うか完全に木下氏の世界観とリンクしてる…)、対訳を読みながら聴いていると、本当に涙が出てきてしようがないんです…。外国のバンドでこんな感覚になるのはスミス以来かも。
…いや、でもホントに、ブロック・パーティは21世紀のザ・スミスなのかもしれない。考えるとブロック・パーティ(ひいてはオケレケさん)の1stから2ndへの進化、と言うか「覚悟の決め方」は、スミス(ひいてはモリッシー)のそれと何処か似ている…。何よりここに描かれているのは、この世界からあぶれてしまった、あるいは、あぶれざる負えなかったヒトビトの風景だと思うしさ…。この世界の暴力的なルールに溶け込めずにもがいたり、逆に溶け込んだフリをする事で安心したり、劣等感と憧れの狭間で苦しんだり、現実から逃避したり、そして結局求めているのは幽かな光だけで…。それはイギリスも日本もない、すごく普遍的な風景だと思います。

…いくつか歌詞の対訳を抜粋してみます。

“真夜中に歯ぎしりして/悲しみを噛みつぶし/逃避しようとして空き時間はすべて/クロスワードや数独パズルに費やす/もう一度やり直すことができるなら もっと間違いを犯して/転落を恐れたりしないのに/もう一度やることができたら もっとたくさんの木に登って/野性のブラックベリーもっと摘んで食べるのに”(“Waiting For the 7.18”)

…そして、木下氏も取り上げていた一節。
“二人で逃げるべきだったんだ 君とならどこにだって行けたのに/水辺で君にキスしておけばよかったんだ///今でも覚えてる”(“I Still Remember”)

“暖かな太平洋に浮かんだ難破船みたいに/起きあがる目的を待ってる/僕の年頃の少年には/ふさわしくないと人は言う/何が僕を悲しませているのか知りたいなら/そうだな 希望―信念の辛抱強さ―だよ/一生続く戦い/決して終わることのない戦い”(“SRXT”)

この作品は11曲目の“SRXT”のあまりにも切ない結末で完結している作品だと思うから、ボーナストラックが嬉しくもあると同時にジャマでもある…。無音か何かでちゃんと区切った方が良かった様に思います。
それにしても、あー、来日公演観たいなあ…。とりあえず現時点では行けるか行けないかわかんないのだけど、行きたいなあ…。
スポンサーサイト



音盤雑記(洋)2000- | trackback(0) | comment(2) | 14:13 |


<<『Good Dog Happy Men/Most beautiful in the world』('06) | TOP | 『10thfloor/0607(il faut continuer.011)』('07)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


相互リンクしませんか? 

はじめまして、Fishmans Fun (フィッシュマンズ・ファン)というサイトを運営してます。
まだ始まったばかりのサイトですが、これからどんどん更新をして内容の濃いサイトにしていこうと思っています!!こちらのサイトを拝見して、是非相互リンクをして頂けたらと思い書き込みをしました。
すでにリンクをはらせて頂いています。よろしくお願いします。
サイト名:Fishmans Fun (フィッシュマンズ・ファン)
URL:http://fishmansfun.blog90.fc2.com/

2007/02/04 14:45 | Fishmans Fun (フィッシュマンズ・ファン) [ 編集 ]


 

コメント&リンク、ありがとうございます。
こちらからもリンクをはらせて頂きました。

2007/02/04 23:15 | hachimoku [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://toherenevercome.blog70.fc2.com/tb.php/302-ae00fbac

| TOP |

プロフィール

hachimoku

Author:hachimoku
(カテゴリー内“プロフィール”より)

カテゴリー

カレンダー(月別)

07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント

最近のトラックバック