FC2ブログ
2006/03/27 (Mon) 『大江千里/home at last~Senri Sings Senri~』('03)

home at last~Senri Sings Senri~home at last~Senri Sings Senri~
(2003/12/03)
大江千里

商品詳細を見る

大江千里氏の、人に提供した曲のセルフカバーアルバム。2003年の作品。
数年前千里氏がレイディオにゲスト出演していた際に聴いた、“しずく”と“太陽がいっぱい”の良さが忘れられずにその後購入。

先ずやはり、この作品における千里氏の歌声のボロボロ具合は、触れる事を避けられないと思う…。以前の様な声を出そうとするせいかしらん、過剰に鼻にかかった声。それを無理矢理振り絞るのだけど声が出ず、U-REIの如く震える様な声は、贔屓目、…じゃなくて贔屓耳に聴いても、どうしても耳障りに感じられたりもする。贔屓耳でない人が聴いたら…、と思うと、何だか勝手に申し訳なくなってしまう様な、そんな歌声。

「だけど」、なのだ。そんな声も含めて、とても良い作品なのだ、これが。

灰色のジャケットが象徴するのかしないのか、全体的にクラ~い、重~い、モワ~っとした音。セルフカバーアルバムという作品の特性からして、これまでの活動を記念する祭典の様な作品でありそうなものなのに、その様な雰囲気は全くない。寧ろ、表現者として一回り大きくなった大江千里が、人に提供した曲を自分が演奏し歌う必然性を持たせるために、本気でがっぷり四つで曲に取組んでいるという感じがある。この作品を覆うシリアスな重さは、その様な本気さ故のものなのではないかなと思う。
アレンジが実に幅広く、ロック的なノリから、ポップス、ジャズ、弾き語り、果ては何と、ダブまで。その全てがモワ~ンとした暗さで一貫している。個人的には、以前紹介した“クラックポット”というバンドをちょっと彷彿させるものがあると思った。あと、フィッシュマンズがちょっとよぎる瞬間とかもあった。大江千里作品で、フィッシュマンズとは、不思議なものだけど…。

“太陽がいっぱい”とか良いな~、「太陽」が全くなくて、…ハハハ。それにしても、この斜陽感は何なのだ…。でもそれがとても良い塩梅なんです。
あと、“10years”。渡辺美里氏による原曲は本当に名曲。これがまた原曲を良い具合にぶち壊しておりますな…。千里氏の歌がメロディーもぶち壊し…。ラスト近くで轟きのごとくバカスカするドラムで静寂をぶち壊し…。でもでも悪くないのだ、これが。イントロのピアノとかさ…。聴けば聴くほど良い。弾き語りの“しずく”は本当に素晴らしい。
さっきから「良い」とか何となくの事しか言ってないな…。いや、何が良いってこの重~い雰囲気が結構ツボなんです…。ハッハッハ…、と言って、笑ってごまかしときまする。
スポンサーサイト



音盤雑記(邦)2000- | trackback(0) | comment(6) | 21:48 |


<<『ART-SCHOOL/フリージア』('06) | TOP | 『大江慎也/THE GREATEST MUSIC』('06)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

わー(汗 やっぱ歌い方は崩れかかったままなんですね。

cotdの人もそうだけど、なんでか昔のようなナチュラル歌唱法ではなく、

無理やりっぽい、喉の奥から捻り出したような歌い方になるのでしょうね。

でもでも、『何が良いってこの重~い雰囲気が結構ツボなんです…。』

この一節で聴いてみたいバロメーターは急上昇ですけども。

仮装大賞での欽ちゃんのダメおしみたいなもんかも知れないけどw



セルフカバーって、原曲に勝てない場合がほとんどなように思うのですが、

それらと真っ向勝負に挑む大江千里は聴いてみたいなぁ。

あ、そんな何かと戦う大江千里の図"吉田戦車・画"が頭をよぎりましたw



2006/03/28 02:12 | deeptone [ 編集 ]


 

ははは、「わざわざ遠路はるばる東京まで来たんだから~」みたいな。それにしても、あの欽ちゃんのダメおしによって、仮装大賞はどんどんダメになって行きましたよね~。

寧ろ、全員とりあえず合格みたいな中で、失格してしまう人たちの仮装はどれだけヒドいんだ…。



…話が逸れてしまいました。deeptoneさんの仰っている事、わかります~。何故か、多くの歌い手の方が、どんどんナチュラルな歌唱法ではなくなりますよね…。パッと思い浮かぶだけでも、ユーミングとか、達郎氏とか、陽水氏とか…。達郎氏なんかはそれでも非常に好きですけど(他の二人も結構好き)。

思うに、若き頃の歌唱力に固執してしまう故ではなかろうかと思うのですが、ナラサキ氏はそれには当てはまりませんねー。彼は自分のそんな過剰な歌い方が面白くなっちゃったのでは…。



でもホントに『home at last』、歌は下手くそだけど良いですよー。

2006/03/28 19:43 | hachimoku [ 編集 ]


 

> ナラサキ氏はそれには当てはまりませんねー。

> 彼は自分のそんな過剰な歌い方が面白くなっちゃったのでは…。



これは間違いなくそのとおりでしょ(笑)絶対あれは確信犯です。

曲によって変な声使い分けしてますもんね。特撮効果なような気がしてなりません。



実は僕は、"荒井由実"は聴けて"松任谷由実"は聴けない人です。理由は上記のとおり。

他のお二方に関しては、陽水氏に関しては元々好きではないのですが、達郎氏は結構好きな声。

加齢による声帯の変化で、声が太く、低くなってしまうのが、吉と出るか凶と出るか。

自分の声とどう付き合っていくかなんて、市井の人間にはあんまり関係ないことだけど、

自分の声を生業としている方々は、刻々と変化していく声質と向き合っていかなければならないのだから、

僕らでは想像もできないような思いがあるんだろうなぁ、とふと思いました。

2006/03/30 14:24 | deeptone [ 編集 ]


 

ホントに、声質は変化してしまいますからね…。御本人は大変ですよね。

そんな中、矢野さんの声の変わらなさにはビビります…。努力の賜物なのだろうなー、とも思うものの、それも含めて矢野さんの天賦の才に驚愕する余りです…。



ユーミングは荒井から松任谷へと変わり、松任谷を続ける内に歌唱法は勿論、存在までナチュラルではなくなりましたよね…。

荒井由実の素晴らしさを褒める際に松任谷由実の存在が邪魔になって、荒井由実と松任谷由実はひとりの人であっても全く別物、という共通認識ができてしまったのでしょうね…。

実際、今のユーミングの何とも言えぬポジションって、そんな「松任谷」のあり方が生んでしまったと思うし…。

勿論、僕も分けて捉えておりますが、…『LOVE WARS』とか滅茶苦茶好きなんす、ははは。

『VALENTINE'S RADIO』から『ANNIVERSARY』まで、

大衆音楽としてのポップスを極めている気がします、この作品は。

2006/03/30 23:08 | hachimoku [ 編集 ]


 

矢野さんと大貫妙子女史は、初期の歌声も今も両方大好きです。

あんまり気にしたことはなかったけど、お二人の活動歴を考えてみたら、改めてスゴイ事なんだなぁ。

そんなことを微塵も感じさせず、常に我々を魅了しているのですから。



中学生の頃は、まっとうやさんとなが〇ちさんが在籍してるってだけで、TOSHIBA EMI嫌いでした(笑)

確かに、大衆音楽としてのまっとうやさんの偉業は賞賛に値すると思います(何をえらそうに、、すんません)

一度聴いたら忘れ得ないメロディラインは、凡人にはとうてい作れませんよね。

実はアレンジもチープそうに作ってあっても、絶対何かがアタマに残ってるし。

実際、ぜーんぜんまっとうや音源持ってないですけど、カラオケで全部歌えそうな曲何曲かありますもん。

2006/03/31 20:19 | deeptone [ 編集 ]


 

うん、矢野さんや大貫妙子さんの声は、初期も今も素晴らしいですね。『ごはんができたよ』での、あまりの声の変化には本当に驚きますが~。

でも矢野さんの声を、たまに「かわいい声」だけで片付けられたりすると、ファンとしては本気で腹立たしかったりするんですよね…。



それにしても、「まっとうやさんとなが〇ちさんが在籍してるってだけで、TOSHIBA EMI嫌いでした」とはー、ははは、deeptoneさん、パンクですね~。

因みに僕の東芝EMIには「使い捨て」というイメージがあります。

旬のバンド、って言うとあまり良い言い方ではないけど、そういったバンドを逃さずに捉まえて、何枚かして旬が過ぎればポイみたいな、そんなイメージ。

まあ、音楽聴者としては、かなりお世話になってるんですけどねー。

2006/03/31 23:15 | hachimoku [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://toherenevercome.blog70.fc2.com/tb.php/108-af9d5cfc

| TOP |

プロフィール

hachimoku

Author:hachimoku
(カテゴリー内“プロフィール”より)

カテゴリー

カレンダー(月別)

07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント

最近のトラックバック