FC2ブログ
2006/06/29 (Thu) 『deepsea drive machine/FORMA』('06)

deepsea formaこの作品、2006年の個人的ベスト音楽作品の中の1枚になりそうだなあ…。

現時点でdeepsea drive machineの作品は、Hi-5とのスプリット盤の2曲と“Sink”(名曲!)、と『Sonar of life』に収録された“Seek the echo”、それとこのアルバムのdisk union特典ディスクしかちゃんと聴いた事がないので、このバンドがどういう経緯を辿っているのかわからないところがあるんだけど、この作品はこのバンドの一つの到達点の様な気がする。

単純に言っちゃうと、ダンスミュージック的なテクノロジーを持ち込んだロックバンドの音(彷彿とするのは、DEEPERS(主としてnewaveの頃)、後期スーパーカー、ブンブンサテライツ、WALRUS、辺りかなー)、みたいな感じなんだけど、音から感じられる気概っちゅうか、テンションが凄いんです…。例えば、NUMBER GIRLの“ナムヘビ”を初めて聴いた時の様な、椎名林檎の1stを聴いた時の様な「何かすごい事になってる…」という感じ、って言うと言い過ぎな気がするけど、…ははは。
もともと洗練された音を出していたバンドだと思うけど、そんな洗練という温度の低さを保ちながらも、持てるものを限界まで出し切っている様な、凄まじいテンションの高さを感じる。
1曲目沸々と膨張する様な音から始まり飽和した瞬間に2曲目。そこから旅が始まるという予感のwakuwaku感。

個人的に特に堪らんのは8曲目の“フラッシュポイント”。もう超名曲…。滅茶苦茶好きなコード感なんだなあ…(ちょっとDEEPERSっぽい)。G#m-Amaj-Bmaj-C#m(勿論、実際はもっと複雑だけど…)みたいなさ。悲しみを振り切る様な、胸を突き上げられる様な、力強い音。ホント堪らん。
そして、シングルにもなった“未来トワイライト”(追記:正しくは“未来トライト”です。…恥ずかしい~)。日本ロック史に残ってもおかしくない名曲だと思う。胸を締め付けられる様な感覚と、それこそ未来を見据えた感覚。痛みを引き連れたまま進んでいくという気概。その態度は“未来トワイライト”(追記:正しくは“未来トライト”)に限らず、この作品に一貫している気もする。
いずれにせよ、2006年の名盤の一つだと思います。

スポンサーサイト



音盤雑記(邦)2000- | trackback(0) | comment(5) | 20:32 |


2006/06/27 (Tue) 『dip/NEVER LEARN TO RIDE(IL FAUT CONTINUER.008)』

il faut 008dipCD-Rシリーズの第8弾目の作品。久し振りに聴いてみたのだけど、すんごく良いわ…。曲目はこんな感じ。

01.ON THE LAWN
02.SHOUT IN A BACKET BLUES/Kevin Ayers
03.PABLO PICASSO/Modern Lovers
04.GMCM
05.GANG OF
06.I'M SORRY TO TROUBLE YOU BUT
07.IT'S TOO LATE(Picomaniac)
08.ORGAN
09.PACER/The Amps
10.SEXY SADIE/The Beatles
11.ONE(vo.CMRV)
12.GALLERY RENDERED
13.SS VS 7(ABLETON LIVE3.0MIX)
14.NEVER LEARN TO RIDE
15.NO THANKS NO/Serge Gainsbourg
16.LOST CAUSE/BECK


1曲目の“ON THE LAWN”からして、8mmビデオで撮影された「芝生の上」で過ごした遠い日の映像を見ている様な、どうにも切ない感じ…。
11曲目の“ONE”がこれまた良いんだ…。ボーカルはコモレビ・バッターフライというバンドの女性の方がとっているみたい。このヒトの声のインディポップ感も良い感じ。昔で言うところの「音響派」っぽい音空間の、くすんだ水彩画の様な淡々としたアレンジの曲なんだけど、適当なのか計算なのか、何本かのギターのアルペジオの出たり引いたりと複雑にユラユラ絡み合う。そのユラユラが時折、忘れていた遠い記憶に触れる様な感覚があるんだなあ…。懐かしくて幽かな痛みを伴った切ない感覚。
15曲目のセルジュ・ゲンズブールのカヴァー“NO THANKS NO”がこれまた死ぬ程素晴らしいんだ…。原曲は未聴なんだけど、童謡の様な切なく優しいメロディ。オルガンの様なモワーっとしたギターとヤマジ氏の歌のみの簡素なアレンジなんだけど、ヤマジ氏の呟く様な声も、一音一音丁寧に紡がれた様なギターの音も、ホント、優しくて切な過ぎて思わず涙が出てきてしまうよ…。
ヤマジ氏の音って、結局のところ、とても優しい音なのだよな。全てを諦めてしまった目の中にある、とても儚くて純粋な優しさ、って言うかさ…。よくわかんないけど…。BECKのカヴァーの“LOST COUSE”もそんな全てを諦めた様な切ない優しさに溢れている。原曲もすごく良いけど(この曲が収録された『SEA CHANGE』というアルバム自体なかなか良い作品だった)、こっちの方が好きだな…。

上記の曲以外の曲もぜーんぶ、良い。まるで映画を観ている様な気分になる…。CD-Rにしとくだけじゃ、勿体なさすぎるナー。
それにしても、久し振りに聴いたらハマっちゃったなー。他のIL FAUT CONTINUERシリーズもまたじっくりと聴いてこうかな。

音盤雑記(邦)2000- | trackback(0) | comment(0) | 22:15 |


| TOP |

プロフィール

hachimoku

Author:hachimoku
(カテゴリー内“プロフィール”より)

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2006/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

ブログ内検索

カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント

最近のトラックバック