FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --:-- |


2005/12/20 (Tue) 『ASIAN KUNG-FU GENERATION/ブルートレイン』('05)

ブルートレイン所謂“EP”とか言われるようなサイズの作品が、僕は非常に好きだ。
だいたい、シングルとミニアルバムの間、(もしくはミニアルバムとイコール)くらいの作品を指すのだと思うけど、それくらいの曲数が、繰り返して聴き易いし、最も1曲1曲の存在の重みが良い具合に感じられる気がする。

そんなアジカンのEPサイズの作品。
全編気持ち良く聴き通せるけど、まずやはり個人的には表題曲の“ブルートレイン”が非常に良いかな。
幾何学的で平熱が低めの世界観の中、性急かつ変則的なドラムを中心としたバンド・アンサンブルで、乾いた熱を浮かび上がらせている感じ。メロディーは既聴感のあるアジカン節なのだけど、そのアレンジによって初期の感情を直接的にぶちまける様な表現から、確実にもっと重層的な表現方法へと移行していると感じさせる1曲。

…でも考えてみれば、アジカンってもともと、そんな感情を直情的にぶちまけるという感じのバンドでもないのかもしれない。以前から、音像も歌詞も、エモーショナルさの裏に非常に理性を感じさせるバンドだという気がしていた。歌詞とか、すごくフィルターを通した言葉という気がするし。
ファンの人達はそういう固さのある歌詞こそが好きなのだろうけど、個人的にはその部分こそ、アジカンに感じる物足りない部分だったりする…。
例えば、以前ラジオで後藤氏が「“リライト”という曲はコピーコントロールに対する自分の考えを、歌詞に表現した」といった事を話しているのを聞き、何だか非常に「…う~ん」と唸ってしまった事がある。何と言うか、そういった事を歌詞にしなくても良いのではないかしらと思ったのだった。勿論、コピーコントロールの事だとは感じられないほどに抽象化して、意味もそれとは定めていない歌詞だけど、その話を聞いてから、その曲に対しある種の浅さを、どうしても拭い切れず感じるようになってしまった。
それに限らず、あくまで個人的な印象なのだけど、全体的に言葉の強度が足りない気がするのだよな…。言葉そのものだけでなく、ヴォーカリゼーションとかにもその所以はあるとも思うけど…。
何か、否定的な意見をつらつらと並べてしまったけど、勿論、実際CDを購入している様に、アジカンの音が決して嫌いではないという前提があっての事です…。

そんな訳で、バンドによって、その作品に期待する側面と塩梅は様々だと思うけど、僕にとってはアジカンは「言葉」よりも、「音」に期待をしているバンドだと言える。
さっきは“ブルートレイン”にしか触れなかったけど、他の3曲もアレンジなどに進んでいこうとする気概が感じられる。
2曲目“ロードムービー”の“ブルートレイン”にも似た平熱の低めさプラス、機械的に淡々とした世界観は好き。これは先程、否定的なことを書いてしまった歌詞の面でも、淡々と描かれる風景と記憶が良い感じ。
3曲目“飛べない魚”は正直、割と印象が薄い曲という感じかな…。
そして4曲目“月光”。この曲はなかなか素晴らしいのではないでしょうか。ピアノの音で始まり、様々に変化してゆく曲の展開とか、アジカンがバンドとして前進している事を感じさせる1曲。光のもやが見えるような轟音の壁も、アジカン節な切ないメロディーも良いですな。

スポンサーサイト

音盤雑記(邦)2000- | trackback(0) | comment(0) | 19:22 |


| TOP |

プロフィール

hachimoku

Author:hachimoku
(カテゴリー内“プロフィール”より)

カテゴリー

カレンダー(月別)

11 ≪│2005/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

ブログ内検索

カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。