FC2ブログ
2005/10/31 (Mon) 『ART-SCHOOL/PARADISE LOST』('05)

PARADISE LOST PARADISE LOST
ART-SCHOOL (2005/10/19)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

…何か、非常に距離を感じた。最初に聴いた時。
作者、そしてその作品世界と、それを聴く自分自身との距離の取り方は、当然だけど、様々な形がある。偶像としてその作者+作品世界に触れる事もあるだろうし、自分自身を重ね合わせたり投影する場合もある。また、作者と作品世界を別のものとして捉える場合もあると思う。
この作品を聴いて思ったのは、僕がアートスクールに求め、求める通りに捉えていたアートスクール像とは、この作品でのアートスクールは違うものだという事。いや、変わりつつある事は感じてはいたのだけど、このアルバムによってはっきりとそのルールがもう通じない事に気付かされた。今までは正直、その作品世界と自分自身をダブらせて捉えているところがあった。しかし、今作ではもう全くそれができない…。

“フィオナ・アップルが鳴り響く地下鉄に/二十一歳の彼女は身を投げる”というこの一行だけで、何かがはっきりとわかるようなそんな感覚。散りばめられた、映画のシーンか、回想か、空想かわからなくなってしまった様な、そんな身体性が漂白されたしまった世界。だからこそ、そこで描かれる「性」は、切ない美しさを持っていた。木下氏が過剰な言葉で汚そうとする程に、その美しさの輪郭は増していく気がした。第1期メンバー・大山純氏の少し拙さのある絵が、素晴らしくその音楽の世界観を表していたと思う。そしてこのアルバムに感じたのは、そういう“身体性が漂白された性”とは完全に違うものだった。ここにあるのは、もっと生々しいものだ。

このアルバムに“刺青”という曲が収録されているけど、刺青の模様とそれを持つ女性を描いた作品として思い浮かぶものとして、ナンバーガールの“TATTOOあり”という名曲がある。その曲と“刺青”との違いが、僕の中における“身体性が漂白された性”と“生々しい性”との違いだと言える。個人的には、性を観念的なレベルに一度落とし込んでいるものの方にこそ、そこにある切なさを感じたりするのだけど…。僕が向井秀徳氏の表現を好む一つの要素に、そういった“傍観者”的視点がある。風景との間に幾らかのの距離感を持った視点。それは“戯画化的視点”とも言えるかもしれない。

…でも、そういった「先入観的アートスクール像」をなるべく取り払い、自身とダブらせるような聴き方をやめて聴くと、このアルバムは確実に次の段階へと進化を遂げた非常に素晴らしい作品だと言えると思う。もちろん、寂しくはあるけど…。
海外レコーディング+トニードゥーガン・プロデュースの功績か、音像の広がり、アレンジの広がりがこれまでの作品とは一線を画する。丁度、プロデューサーにデイヴ・フリッドマンをを起用したナンバーガールの1stから『DESTRUCTION BABY』への変化に似ていなくもない。
ただ歌詞の世界観に生々しさを感じると同時に、言葉の煌きが薄れたという印象も感じてしまう。生々しさを感じる言葉こそが強い言葉という訳ではないというか…。以前の、引用を多く用いた箱庭の様な歌詞の世界はある種完成されていた気がするけど、それ以降の表現へと向かった印象がある今作では「言葉」という点においては、非常にまだ過渡期と言うか、弱い印象がある。

でも事実、本当に素晴らしい作品である事は間違いない。木下氏のメロディとコード感のセンスに疑う余地はない。
因みに個人的にお気に入りは、“Forget the swan”(遠い記憶の冬の空に響く様なサビのコーラスが泣ける程に素晴らしい)。“クロエ”、“PERFECT KISS”(個人的にファンキーな16ビート系の曲には反応してしまうので…)。さっきは悪い様な書き方をしてしまったけど“刺青”も良い。“BLACK SUNSHINE”も…って、ホント捨て曲なし。あと“Waltz”は個人的にはデイヴ・フリッドマンのmixの方が好きだな、粗暴だけど品のある空間的なドラムの音が…。とは言え、作品の軸がブレる感じもあるから、ボーナスディスクでも収録しない方が良かったのでは…。とか言って、ボーナスディスク嬉しいけどさ。

スポンサーサイト



音盤雑記(邦)2000- | trackback(0) | comment(0) | 18:34 |


2005/10/30 (Sun) 『THE BEATLES/LET IT BE... NAKED』('03)

レット・イット・ビー...ネイキッド (CCCD)レット・イット・ビー...ネイキッド (CCCD)
(2003/11/14)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る

ビートルズなんて中学生の頃以来、まともに聞いた事がなかった。別に有名なものに対するアンチな気分とかではなく、ただ単にその音が自分の耳に合わなくなってしまったからであって、たまに聴きたくなって聴いてみても退屈になってすぐに止めてしまう、そんな状態だった。

それが先日、単なる物見遊山的な気持ちで図書館で借りたこのアルバム。…非常に良いんです、これが。
つまり、ジョンとジョージの推薦によるフィル・スペクターのプロデュースという、ポールなどには不本意な形でリリースされた『LET IT BE』を、当初のコンセプトであった「原点回帰」という視点の下で編集し直した作品…ということで良いのでしょうか。
いずれにせよ、このアルバムのリリースに至る経緯とか裏事情とか、ファンの間でどう捉えられているとか、そういったことは別にどうでも良い。“ネイキッド”とか言っても、別に「これこそが真の『LET IT BE』なのだ」とかではなく、とどのつまり単純に2003年の『Let It Be』リミックス・ヴァージョンくらいに捉えれば良いのであろう。
兎に角、音が立っている。ひとつひとつのパートが組み合わさってひとつの音楽になるという「バンド」としてのビートルズの音は、ここにある音こそが本当の当時のビートルズの姿であるとかないとか、そういう事とは関係なく、ロック音楽として単純に気持ちが良い。音の隙間とか、今の時代に聴き易い音。
でも一方で例えば、NIRVANAのベストもSTONE ROSESのベストもそうだったけど、リマスタリングとかで輪郭をはっきりさせたり音圧を上げたりして聴き易くなったりするのって、一方でその音楽の普遍性を疑っちゃったりするのだよな。時代に合わせるのではなくて、「これで通し続ける」っていう音を決めて欲しい。マスタリング変わる度に買い直すのとか、ヤだし…。まあ、これはちょっと違う話だけど。

突然話は変わるけど、個人的には「ビートルズ=冬」というイメージだったりする。考えてみると私的季語ってあるな。『アンソロジー』がリリースされたのは中学生の冬だった。当時、レコード屋に平積みされていた映像が頭をよぎる…。そう言えば、『アンソロジー』特番が年末に、数日に渡って放送されていたな…。『マジカル・ミステリー・ツアー』はCDが擦り切れるほど聴いたな…。おもひでぽろぽろ…、ぽろぽろ…。ああイカン、イカン。ノスタルジーは人をダメにする(もうすでに十分ダメになってるけど…)。でも思えば、あれからちょうど10年だ…。「あ~れ・か~ら・10年も~」渡辺美里の曲を思わず口ずさむワタクシ…。ホントは口ずさんでないけど…。でもこの曲は大江千里・作曲の名曲なのだよな。大江千里と言えば『十年愛』…ですな。「あ・り・が~と~う~」。どこまでも、おもひでぽろぽろ…。

コピーコントロールCDは嫌だから、安価な輸入版でも探そうっと。

…その後、『LET IT BE』を引っ張り出して聴いてみた。思ったより聴けなくはなかった…。良くも悪くもこの独特のモワ~ンとした雰囲気こそが『LET IT BE』なのだろうな。でもやっぱりどうも退屈だな…。

音盤雑記(洋)2000- | trackback(0) | comment(0) | 15:06 |


2005/10/20 (Thu) 『山下達郎/ソノリテ』('05)

ソノリテ最近のお気に入りの1枚。この作品、巷での評価は低いみたい。アルバムの中の曲が、10月26日に発売されるシングルも含めると13曲中9曲がシングル等でリリースされたものである事や、ハードディスク・レコーディングに移行したという事も関係があるのか、打ち込みが主体で音数が少ない曲が多く、音像も狭い感じがある。そういった曲自体もどうやらその評価に繋がっているらしい。
確かにシングルを1枚1枚買い集めてきたファンの人達を裏切る結果になっていると思うし、達郎氏自身がレコードコレクターであり、音楽ファンの側面の大きい人であるだけに、批判を受けても仕方がないのかもしれない。自分が斯様にシングルを買ってきた人ではなかったからこそ、純粋に楽しめるという側面はあるのだろう。
であるからして、あくまでそういう立場のワタクシからすると、とても良いアルバムだと思うのだけどな。密室的な閉じた感じの雰囲気がある音も心地良くて、他のCDを聴こうと思いつつも、またリピートしている。初めて聴いた時は、「げっ」と思った“忘れないで”も今では全く問題ないし。寧ろ所謂Bメロ(…でいいのよね、何たらヴァースと言った方が良いのかしらん。)のメロディとか非常に好きだったりする。
これまでの達郎氏の作品の中では、『僕の中の少年』にちょっと似た雰囲気があると思う。“ゲット・バック・イン・ラブ”と“FOREVER MINE”とか似てるし。滅茶苦茶好きなのだよな、『僕の中の少年』。内向的な作品と言われているけど、特に後半4曲の重~い流れはホントに素晴らしくて、未だに(って言う程、最初に聞いたのはそんなに前ではないけど)事ある毎に聴く一枚。『MELODIES』以降の作品群の中では、間違いなく個人的ベスト作品。あのアルバムもアナログからデジタルへの移行の時期のアルバムだと思われるし、背景的にも『ソノリテ』と似たところがあるのかもしれない達郎氏は常に「今は機材の移行期」みたいな事を言っている気もするけど。。(追記:機材の移行で特に四苦八苦したのは『ポケット・ミュージック』みたいです。)
それにしても、捨て曲の全くない良いアルバムだと思う。ホント、1曲もない。(まあ、ほとんどが既発曲という事はあるけど…。)「タラーラー」と霧の様なシンセが繰り返される達郎氏らしからぬ簡素な曲“SECRET LOVER”が妙にお気に入り。“KISSからはじまるミステリー”とか、ケツメイシの人の声が達郎氏に似ている為、達郎氏がラップをしているようなあまり好ましくない錯覚に毎回陥るけど、ちょっとマルコム・マクラーレンの超名曲“World Famous”とか彷彿させる感じがあって良いな、ってホント言い出したらキリがない。ただ全体的に歌詞は聞き流してしまう傾向があるのだよな。そこが上記の『僕の中の少年』との一番大きな違いと言えるかもしれない。

いずれにせよ、世間の風評なんてホント、当てにならないな。それだけは確か。風評に取り込まれる事もなく、敢えてアンチ的態度をとったり奇を衒うような事もなく自然に在りたいと思う。自然を心掛ける時点で不自然だけどさ…。

音盤雑記(邦)2000- | trackback(0) | comment(0) | 22:42 |


| TOP |

プロフィール

hachimoku

Author:hachimoku
(カテゴリー内“プロフィール”より)

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2005/10│≫ 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント

最近のトラックバック